不器用さんの幸せエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

言葉が世界を作るなら、どんな言葉を自分に向けるだろう

言葉が世界を作るという。

 

それが本当かどうなのか、

それはその言葉に自分の心がどう反応しているかに依る。

 

その言葉を聞いて、見て、耳にして

〝私〟がどんな反応をしているのか?

 

そんな訳ないのか

嘘っぽいのか

その通りなのか

 

それともそんな言葉にもできないほど

心の奥で何かが動くのか

 

どれもこれもそう思ったが正解。

言葉への思いの強さが行動に影響する。

 

信じられないなら

信じられないという強さが。

 


そして不信のきっかけは保身から。

 


責任や覚悟や強さという言葉の前に尻込みするのは

そうなってしまうことを引き受けてしまうと

色々都合が悪いから。

 


私は弱さを必要以上にアピールしている。

 

自分が弱いとイメージしているものを転々と…

 

収入、職業、思考、振る舞いetc...

 

私には力がないといわれそうなアイテムを選んで着ている感じが

最近ますます強くなるのは

その着せ替えをひっきりなしでやっているからかもしれない。

 

一生懸命に「私はそれです。」と

そこにしがみついてる感じに見えるのは

普段自分が取らないであろう行動に踏み切っているから。

 

貴方を傷つけない安心という良い人の着ぐるみを着て

私は弱いんです。だから安心してください。と

誰と分からずに向け続ける無言のアピールの割に

 

それ弱かったら出来なくないか?

と思う行動しかしてきてないように思えてきた。

 

自分でも笑えるのだけど、我ながらよくやると思うことしか

してきてないと思った。

 


例えば弱いという在り方のためにしてる仕事も精神状態も生活も

 

強くなければ出来ないんじゃないか?と思ったりした。

 

強かという漢字は

「強」と書くけれど

 

見せかけの弱さという決まった在り方を継続するのも弱ければ

維持も難しいだろうと。

 


そう思ったのはさっき本屋でWIREDを立ち読みしたから。

 


「強さを引き受ける」

 


という言葉に強く惹かれた理由なんて

言葉に出来ない。

 

それで"WIRED"の特集はアイデンティティだった。

 

 

wired.jp