不器用さんの幸せエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

自分を責める声に気付いていく

f:id:haruradio:20171016081305j:plain

 

今年は紅葉が、なんだか色濃い気がします。

 

私がこうして言葉を書こうとする時には

ある一定のパターンがあります。

 

今の私を否定する、最近の私を否定する

そこから新しく選択する

ということです。

 

私はほぼこれの繰り返しで

人生が作られています。

使う言葉は、その人の在り方を反映します。

 

 

〝こんな自分ではダメだ〟

 

 

この価値観が根付いているのなら

こうして言葉に出す必要もないほど

気が付かずに既に自分に厳しいはずです。

 

 

でも、例えそれを元にどんな選択をしたとしても

その衝動に身を任せてもいいとは思うのです。

私はそうやって生きてきました。

もうそうゆう過去がダメだったなんて

いくら言ったところで

今までとは何も変わらないから。

 

でも自分に起こるその衝動は

いつも誰かの目を基準にしたものかもしれないとは

感じるようになりました。

 

誰かにとって立派な人生を送ろうと目指すよりも

 

自分に対して胸を張れて

嘘がなく

信じられて

甘えられるような

  

そうゆうデザインをして

自分という存在にプレゼントできたらいいと思います。

 

自分がダメだと知りながら

そのダメなままで自分に残したいものを

自分にプレゼントする。

 

私が私を受け止める勇気や覚悟の為に

恐れを感じる出来事が起こるなら

 

その恐れを避けるのはやめて

その恐れを取りに行ってみたら

 

私はこのままの私でいいと

もっと言えるのかもしれない。

 

その可能性は今の私にとって

とても魅力的なものだったりします。 

 

これからは、そうゆうプレゼントを

自分に与えていくのかもしれない。

 

自分が自分にしていることと

外側から自分にされることが同じだというのは

本当のような気がするこの頃。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BaTF-lollY4/

#秋#紅葉#自然#雨#ブログ用

 

 

光のない少ない雨の中でも

秋という季節の美しさを見出す力を

人は預けられているようです。