fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

考えるのを止められないのは、直視出来ないから

今は山の中に篭っている状態。

 

小さな商店は近くにあって

でもスーパーまでは自転車でも20分以上

コンビニは電車で一駅。

 

生活にクルマは欠かせない。

 

誰かが亡くなれば、放送が流れ

 

虫と鳥の声がいつもしている。

 

畑と家の間を車で行き来する毎日。

 

そして去年と同じ顔ぶれと新しい出会い。

 

受け入れてもらえるありがたさ。

 

2度目という機会は

 

去年と同じ私か?それとも…

 

 

 

 

 

ここ最近、

自分に少しエネルギーがないように思う。

 

必死に何かをしようとして来たけれど

その何かをするとか、追うとか曖昧になってきた。

 

ずっと追いかけ続けていたから

満足はいつも未来にあって

その未来の自分の為に

今の自分は色々考えていて

 

例えば

怒られないように、何かを言われないように

そんな事にばかり気を集中して、常に考えで頭がいっぱいなことも

怒られない私という近い未来の為のだし

 

迷ったり

気を使ったり

した方がいいのか、それともしないべきかとかの二者択一をやってたり

 

自分が相手にとって良かれと思ってわざわざしている事が

その相手からいらないと言われると

せっかくしてるのにという不愉快な感情が出てきて

 

すると

私はいちいちそれを〝考えて〟してることなんだ、と

思ったりしていた。

 

そして

頑張ってる自分、良い人やってる自分、弱い自分、

 

そうやって身を粉にする美学に酔ってる自分を目にすると

気に入られる為には、お金を得る為には

何かしなければいけないと思ってる自分がいる。

 

 

 

考え中の時はいつも何かを恐れてる。

 

だからそうならないように考えるのだけど

案外その考えは現実にならない。

怒られそうと思って、頭で怒られそうな場面をイメージして

回避の立ち回りをイメージしても

実際は優しくされ

 

怒られることなんてないだろうと油断して

何も考えてない時に

いきなり怒られる。

 

 

最悪の事態を回避するとか防衛する為に

わざわざしてきたその考え事態が全く的外れ。

人生当たりもしない未来の為に

どのくらい無駄な空想に時間を費やしてるんだろうか。

 

 

そして私がどんな私であっても

相手は私を相手の見たいようにしか見ない。

という感じがここ最近益々強くなる。

 

例えば私がどんなに安心安全だと訴えても

相手に疑いがあれば疑いが採用される。

 

 

 

自分という存在を

清く正しく美しく安心安全と主張しても

自分という存在を

必要以上に相手から守っても

 

受け入れられる人からは受け入れられるし

嫌われる時は嫌われる。

 

だったらそこに私の性格や考え方やどんな私か、というのは

本当に関係あるのか⁈って思えてくる。

 

良い人である為に、愛される為に

ネガティブなものを否定してきて

 

愚痴を言う

怒る

恐る

弱い

傷付く

だらしない

できない

稼げない

ダメ

 

今こんなのしか出てこないけど

自分の中のこうゆうものに修正、変更、更生…

変えようとする全てが無意味で

そんな自分をどうにかしなくても

大丈夫なんじゃないかと思える。

 

どうせ全部は取り越し苦労だから。

 

そんな風に自分に取り組む必要なんて

全然ないんじゃないか?

 

どんな私でも相手は相手好みで私を判断する。

 

相手を基準にするのはやめて

 

自分の中に起こる変化を自分が見続ける為に

 

行動を起こしてみたらいいんじゃないか?

 

どんな感情も優劣なく見届けられるように。