読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

美しさとか醜さとか、信じるとか苦しむとか。

美しさの背景が美しいとは限らない。

でもその事に気付かない。

 

信じているから。

 

でも従おう、心がそれを美しいと言うなら。

醜さを、不純を知っても尚

美しさを諦めずに。

 

醜さを、不純を知ったら尚

対極にあるそれらを許す為に。

 

 

心は理由なく涙を流して知らせをくれる。

嬉しい時も悲しい時も。

 

それを拾って。

 

傷は抱きしめて。

 

あの人にできる事が私にはできないんだって認めて

楽な方法を探していい。

 

心に負荷がかかってることを先に見破って。

 

あの人を辿らないで。

 

自分の方法を自分に許して。

 

 

未来の自分はいつだって

笑っている。

 

 

それはもう無条件に。

 

 

 

 

 

 

自分のことを真剣に考えたことなんて
実はなかったかもしれない。

いえいえ、
うんと真剣だった、というより
必死だった。

 

でも必死って、大変。
そして、疲れる。

それなのに必死で居続けた。

恐れない為にはどうするか、
自分が傷付かないためには、
人を傷付けないように、
みんなの納得できるような、
認められるには、

ずっと探してた。



人のことを考えてる体の良い人間であることをアピールしながら
自分の枯渇を埋める為の方法を求めた。

それが良い悪いでは無く、ただ欲してた。


欲しいものもその内変わって行く。
でもそれは、欲しいと求め続けるのをやめず

何度も取りに行ったからだった。


その都度、求めて動いたり休んだりしながら。


苦しみを経験してると
その間、生き生きとした潤いのようなものが失われていく。

その内「苦しみ」は

しに行くものになってる事にも気付かないまま。


自分に火がついて燃え尽きて、乾いてしまうような危険なものにも関わらず。


だから「なんだか苦しい」には
いち早く
気付きたい。

そんな時、水は飲んだ方がいい。
こんこんと湧く泉を見つけて
潤いを分けて貰うように。


ちょっとの勇気で弱さと本音をあの人に伝えながら。


それともこれがお似合いだなんて

まだ言うつもりだろうか。

https://www.instagram.com/p/BUUFiIYARZm/

#夕焼け

 

なぜこんな風に思ったのか?

きっかけはあって

上手く言葉になりそうなら書きます。