読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

劣等感と優越感の「私」

ずっと自分が劣等感と優越感の狭間を行ったり来たりしています。

 

だから正直いたたまれないし、傷付きやすさが出てきたりしていて

感情が安定しないので正直疲れます。

 

人よりも上であると感じる瞬間と

下であると感じる瞬間を

こんな所にも持ち込んでいたのかと

友人を前にして思いました。

 

友人であっても対等な関係を築けない不甲斐なさは

劣等感と優越感という言葉を当てはめたら納得できました。

 

心の痛みだけをずっと自覚してきましたが

なぜそんな風に痛みが出るのかはずっと分からないままでした。

 

相手の琴線に触れないように接するのは

その相手の反応に確実に傷つく自分がいると分かっているからでした。

だからどこかオープンになり切れず

緊張がそこにありました。

 

案の定、傷付きながら

でも今回はそんな自分をめいいっぱい感じています。

 

全然変わってなかった。

何も変わらない。

成長なんてどこにもなかった。

そして、強くなれたと思い込んでいたものも

結局は崩壊しました。

 

でもそれが壊れるのはどこかで分かっているから

会うのがとても怖かった。

 

過去の不安定な自分、

自己否定や優越感や劣等感が顔を出し始めて

まだそれをこうして言葉にもできなかった頃に出会ってる人達。

 

自分としてそれがあると認められないのだなと

思いました。

 

彼女らを前にすると苦しくなるのは

 

私が憧れから

付き合い出してるからというのが

今回よく分かりました。

 

私のありのままを認めてくれてる友人とは別に

私は彼女達のセンスや見た目やファッションに惹かれたのだなと思いました。

 

対等な付き合いができなかったのも今更の自覚で

当時はどこかに付き合いづらさを隠していたので

心だけが痛んでそのシグナルを発してました。

 

その裏に劣等感と優越感があったなんて

とてもじゃないけど認められなかった。

 

 

今回そのことがわかって、打ちのめされた感じがします。

全く弱かった。

でもその弱さのままの私でいることにしました。

 

傷付くし、劣等感も優越感も満載の自分。

 

当時の色んなものを隠しながらの私とも一緒にいてくれたことを思いながら

その中で、今も変わらなかったことがあって

憧れだけの繋がりだけじゃなかったことも

思い出せました。

 

私に面白いものを教えてくれた彼女達と

好きなことで繋がれてることでした。

 

だからちゃんと声に出した。

 

「あなたと、こうしている時間がとても好きだ」と

 

なんだか、それだけでもう十分でした。