幸せのためのエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

感情は抑圧しない。表現することの必要と、出した後に起こること

母の不安と安心と繋がっていること

 

母の幸せと不幸せと繋がっていること

 

そしてそれらを許せないこと

 

それは憎しみにまで及ぶもの

 

私の自由はあなたのせい

 

母の愛が重くて動けなくなる

 

という感覚があったこと

 

 

 

自分のやることで母が喜ぶのを許せないという

どこかの本音を

どこかにしまわずにいました。

あえて自分の嫌だという思いを

隠さずにちゃんと見てました。

 

私は自分が幸せになるということは

それが母に関係があるということと

どこかで繋がっていて

 

そして、母に心配されることと

安心されることとも繋がっていて

母親が私のことで心配するのも、安心するのも

なんだか癪に障りました。

 

「私のことを勝手に自分の悩みにするな」

という怒りが自分の中にずっとあった事に気付けず

拗らせていたので

それが憎しみにまで繋がってました。

自由を求めるほど、束縛が派手に見えてしまう。

 


最近、憎しみや怒りのようなネガティブと言われる方があるなら

「あえて出す」

ということをしています。

それもただ表現してみるということです。

笑うのも、泣くのもできるんだから

今度は怒ってみる。

 

 

対象に直接ぶつけると

私の場合は感情がストレートに出にくいです。

どこかでそれが大きすぎると分かってるので

相手に表現できない。


頭で抑えて状態を説明し出して

理解してという方に向かってしまうので

身体で発散させるというのをやってました。

 

 

出した後に気付いたのは

母にとってはそれも1つの愛情であるということ。

決して相手はその形を変えられないこと。

なぜなら母にとってはそれが愛だと疑わないから。

そして、私がただその形じゃ受け取れなかったこと。


母の生い立ちを思えば、この愛情表現はとても普通なのかもしれない。

 

 

https://www.instagram.com/p/BSlGmSKgfQG/

✴︎きっと愛は放つもの・そしてそれは帰る見込みを持たないもの・交わることが辿り着く場所のように錯覚してしまう・でもここは、行き違いの想いが交差し合う世界・・それを残念だと思うかどうかは、また別の話・それは期待するより深く、大きく、時に残酷に思えるのは.こちらが限定するから・自分の中のものを誰よりも信じ続けられること・通じ合い、分かち合うその瞬間に感じてるものさえ・相手も同じに受け取るかは想像し得ない・心の中を見ることができるのは自分だけだから・でもその瞬間が確かであると信じられるならそれは・他者を通して自分の心を何よりも大切にしてる証だと・#写真#日常#気付き#ブログ更新

 


そしてこの時期にもう1つ分かったこと。

 

ずっと、母が不幸だと勘違いしてきたこと。

 

これは長くなるので、次の機会に。