読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

ブログの書き方から得たつながりの秘密

先日ブログ講座というのに参加して

書き方をですます調に変えてみてます。

 

無料のブログ講座でしたが、緊張しながらの参加でした。

質問もして、講師の方から吸収したかったのだと思います。

 

以前から見聞きはしてることでしたが

やっぱり同じことを言われてました。

 

「向こう側に伝える相手がいることを意識する。」

 

向こう側にいる色んな世代の、性別の、あなたに向けて書くように

それとも伝えたい誰かをイメージして書くように

それとも自分のために書くように

 

誰かに分かるように

自分に分かるように

 

相手に向けてでも自分自身に向けでも、

それはどちらでもいいのだとは思うのですが

「分かりやすく書く」という意識が

広がりをもたらすのではないかと

色んな人の話を聞いていて思うのでした。

 

 

 

 

私のブログというと、ずっと書き続けられてはいるものの

独り言ブログというのを改めて感じます。

だからアクセスなんて伸びないのだなと。

 

 

怖いんですよね。

質問されたり、批判されることも含め

そこから繋がりが始まってしまうことを恐れてる。

 

 

ブログだけじゃないのですが

言葉を目で読み、理解するというのは

言葉で理解しているだけではなく

その書いた人の想いもちゃんと受け取っているのだと思うのです。

 

文章という目に見えるものを通して

目に見えない想いも必ず受け取っている。

双方の想いがちゃんと行き来きできるような、風通しの良い心地よさを

書く側は意識するのが大切だし

書くのならどんな自分でその言葉を書くのかという在り方も

実は伝わるのではないか、と思っています。

 

自分のブログを振り返ると

自己満足の世界観があって

伝えようとするのではなくて、

言葉を飾るとかニュアンスを楽しんでる感じがします。

 

でもこのブログや最近やり始めてることは実験なので

色々変えたりしながら

自分は何をしたいのか?

というのを大元をはっきりさせるのが大切で

 

ブログがずっと自分の気持ちの整理、自分のために活用していたのは確かですが

 

整理ではなく気持ちをただ吐き出すだけの場であるなら

公開にする必要は本当にない気がしました。

 

それでも公開で書いていたいのは

誰かに何かをして欲しい、助けてもらいたい

見つけて欲しい…

 

そうゆう「よがり」な自分からなのだなと。

 

私の場合は自分のそうゆう在り方が

自分のブログからダダ漏れなのだなと思います。

 

 

 

それと講師の方からの話で私自身がひっかかった所は

ブログのアイデアやネタに関して

インスピレーションを夢からもらうという話でした。

 

夢からというか、朝目が覚めてまだ、まどろんでいる様な時間

夢見たけどあの夢なんだっけ?と思い出せるようで出せないような時間

この辺の話は個人的に興味津々でした。

 

意識と無意識の狭間。

 

そこに人の能力のまだ発揮しきれてない凄みが潜んでいそうで

ワクワクしちゃう。

 

やっぱりそこには何かあるんだよ~って。

 

自分の興味があることは必ずつながってくるこの不思議。

そうするとまた夢ノートの話とかしたくなる訳です。

 

怪しい話を疑ってかかる習慣があるのは

自分が人からどう見られるかが大切だからですよね。

 

でも、そんな不信にイマジネーション(人はこんな風に思うだろう、他人の反応を想像する)使うくらいなら

自分の可能性をバカみたいに信じられた人が突き抜けるんだなって

最近すごく思います。

 

私自身はバカになりきれないから(=人からどう見られてるかの方が大事)

変化しないんだろうと思ってますけど

 

それって自分への信頼がないからだって改めて思いました。

 

ここのところネガティブ続きでしたが

それも自分への信頼のなさからだったというのが分かりました。

 

この続き、また書ければいいと思います。