読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

fantasiaの為の研究ブログ

関係が途切れる時。〜情報断捨離について〜

Facebookから少し距離を置くことにしました。

 

SNSが日本で流行り出した頃といえば

私がどん底だったときで

会社の先輩が私をmixiというものに誘ってくれたのが

きっかけでした。

 

あんな状態でよく生きていたなと、今は思いますが

ズタボロの心を自分では支えられず

だから他の見ず知らずの優しい誰かに支えてもらっていたのだと思います。

ちなみに、スピリチュアルを知ったのもそこでしたし

不思議ですが、実生活でもそうゆう人と偶然に出会ったりしていました。

 

日本のmixiは米国産facebookの波に飲まれてしまった印象がありますが

どちらにせよ

私は新たな情報の出会いと繋がりで

今に至るのでした。

 

そんなきっかけだったから、なかなか離れられなかったし

というより正直、特に離れる必要も感じませんでした。

 

でも、今自分が安定してきている理由の中に

もう誰かの情報や方法を必要とはしていないのではないか

つまり、以前は自分が自分に厳しく

自分の為すこと思うことのほぼ大半に

優しさがなく、許されることもなく

納得や安心や余裕がなかったのは

その方法を自分が採用していたからで

 そうすべきだし、それが自分の当たり前だと思ってきたからでした。

 

知らないんです。何にも知らなかった。

 

苦しみの機会というのは

自分が変化を起こすための起爆剤の働きがあるのだと思います。

だってそんな苦しんでる状態からは早く脱したいですからね。

抜ける為に、行動は起こしたくなるんです。

 

とは言っても自分のことを自分で気がつくのはなかなか難しく

だからそれを他者によって気付かせてもらって来ました。

スピリチャルなことも、自分の実生活でも

色々やっては来ましたが

そのどちらも必要だと今は思います。

 

人は反物質半精神だからですかね、

というのが今の私の見方だったりします。

変わるかもしれませんが。

自分を最大限に活かすという意味で両方です。

 

自分のことを自分で出来るようになることは自立を意味しますが

物質面での自立と精神面での自立があって

今回の情報断捨離というのは

精神面の方ということになると思います。

 

ずっとそれに依存して来ました。

そして知識によって賞賛を得たいとも思って来ましたが

今や自分の持ちもので誇る時代ではなくなって来たのだと思います。

時代の力も大きいです。

そう思うのは私達が繋がっている証かもしれません。

 

 

***

 

 

話しは変わって

実家がなくなりました。

別の場所へ引っ越しをしただけなのですが

 

物質的にいえば

長く住んだその場所はにはもう、私の物は何も残っていません。

住んだ家や馴染みの風景は消えませんが

心の中には記憶として残っているアレコレもありますが

何かがごっそり抜け落ちたような感じがします。

 

友人が以前、自分の幼い頃に過ごした松本という場所について

「あまりいい思い出ばかりじゃ無いけどね」

と言っていたのを思い出していて

 

今松本にいる私は、自分が良い場所だと感じて選んでるので

良いと思っているものの方が当然多いのです。

だから友人のその言葉を聞いた当時はそれをあまり理解できませんでしたが

今は確かにそうだよね、そうだったよねと共感できるんです。

 

確かに小さい頃っていい思い出ばかりじゃなかった。

むしろこびりついて取れないようなヨゴレなんかも残ってて。

 

みんながみんな、そうじゃないことは前提ではあるものの

 

今回自分に起こってる出来事や回想もかねて

書き残しておきたいことだなと。

 

過去が綺麗さっぱり消えることなんてないけれど

それが汚れに見えて

でも、案外そのままでよかったんだと思う今が大切で

 

だって例えばタンスに貼ったシールとか

わざわざ剥がさなくてもいいお家っていうか、風景っていうか

レトロで懐かしい風景って

それが持ち味で個性だったりして、

その経過そのものがお家の雰囲気や匂いを作ってます。

なんか染み付いて取れないけど惹かれるものって

良いだけ、綺麗じゃないだけの部分を包括してるんですよね。

これは趣味の問題かもしれませんけど。

 

自分にあの時ついたシールが剥がれなくても

そのままで案外それが味になってたりする部分で

過去の経験がどうしようもない闇に思えて仕方なかったのは事実ですが

 

今はその過去について

そこまで闇として解釈しないでいる自分がいて

でもそれは自分の過去に対する偏見を手放そうという自分の意思からです。

 

今回の実家の引っ越しが

そうゆうことを教えてくれて

過去という闇を恩恵に替えるのは

今を生きている私しかいないのだなと

改めて思いました。

 

 

f:id:haruradio:20170113084016j:plain