fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

劣等感を愛せよ乙女☆

川上村での住み込み生活も、もうすぐ終わりです。

 

コンプレックスと劣等感

後半はずっとコレがテーマです。

なので前回の日記からの続きみたいな感じでしょうか。

 

haruradio.hatenablog.com

 

 

 

住み込みで一番自分が気になっていたことは食事の事でした。

食べ物を自分でチョイス出来ない、作れない。

そうゆう不安はやっぱり現実としてやって来ましたが

結果的に自分が問題としてる心の奥で眠ってるものを

浮上させてくれた環境だったと思います。

 

自分のルールで食事は出来ませんでしたが

体重も増えましたが

過食嘔吐もしてしまいましたが

その事で改めて自分のやってる事に目を向けられました。

 

農家さんにわがままかと思って最初は言えなかったですが

それでも色々融通を聞いてもらってました。

 

本当に自分の身体を愛せないし、好きになれない。

 

そうゆう思いが満タンな時に

なり君からlineでとてもいい指摘をもらいました。

 

なり君のブログ

k-nali.hatenablog.com

 

lineに登録してメッセージしたら

本当に返してくれました。

 

 

f:id:haruradio:20161029203907j:plain

 

このやり取りは、私が何気なくナリ君のlineに

「与えまくってるからお金もやってくるのかな」

のメッセージから始まったのでした。

 

1.与えたらやってくると思ってるなら、与えないとやってこないの?

2.じゃあ、与えたくても与えられない人はもらえないの? 

3.与えてくれない人に、なにもあげられないのもいやじゃん。

 

そんなやり取りをしました。

 

私は最後の与えてくれない人に関して

与えてやらないもん! (プンプン)という自分が見えました。

 

自分の好きをやらずに、義務や見返りからの選択は止まないのでした。

haruradio.hatenablog.com

 

自分の過去記事を読んでても、なにやらややこしくて

最後まで読むのが面倒ですが、常に頑張っちゃってると思います。

 

このブログも劣等感からかもしれないですけど

とりあえず劣等感、パワフルです。

その為に色々やれちゃうのだから。

 

ずっと自分にある劣等感を手放したかった。

人からよく見られそうな仕事やキャリア

お金の有無

見た目やセンス

体系や顔の事…

 

その為に選んできたこと。

 

好きな事がうまくいかない

緊張する男性がいる

企業面接で自分を全く発揮できない…

 

こうゆう場面が教えてくれる

自分を良く見せたいと思う裏に、見せたくない自分がいること。

 

できなくてもいい、嫌いでもいい、見た目が冴えなくてもいい、ダサくてもいい…

って言えない。

 

私は自分の持ってる強い劣等感をずっと無くしたかったが為に

良い見た目や、良い仕事や、お金や、肩書きや、彼氏を

求めて来たのかもしれないです。

 

 

この前のジェットコースターを前に恐怖心を諦めたように

自分にとってはこの劣等感には敵わないと諦めて

そんな強烈なのとも一緒に生きれたらいいと思います。

 

過食嘔吐もとりあえずストップします。

この環境もまた変わります。

太っても、その内食欲も落ち着くだろうから。

 

自分の身体を大事にする為に具体的なこと

していきたいから。