読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

fantasiaの為の研究ブログ

闇と光があるなら

私はそのどちらともなんだろうと。

でも、どうせなら自分が見たいものだけでいいんじゃないかって

今は思います。

 

f:id:haruradio:20161017212827j:plain

 

f:id:haruradio:20161017212916j:plain

 

 

闇と光が同居して、その行き来はとてもしやすくなっていて

まるでハンガーにかかってる洋服に手を掛けるように

そのどちらにも手が届くのでした。

 

 

綺麗は綺麗なままがやっぱりいいですから

その前にどうだったかなんて

自分だけが分かってればいいのかもしれません。

f:id:haruradio:20161017213858j:plain

 

 

誰かの言葉に触れても

言葉は所詮言葉で終わります。

誰かのきっかけになればいいだなんてそんな事する前に

自分の為にする事が沢山あるはずで。

 

 

 

大切にするものから人は大切にされるんですよね。

 

自分が自分を大切にしてない事に気付くのは

とことん執着した方がいいかもしれないです。

 

やりたい事はやった方がいいです。

タブーでもなんでも。

自分が禁止してるようなことがあるなら

そこをやると自分の正体がバレるから。

本当はいい人でもなんでもなかった。

どれだけ人を馬鹿にしてたか、そして同時に自分を罵ってたか。

私なんて所詮そんな程度で、それでもその自分を愛おしいと言えるなら。

 

f:id:haruradio:20161017213953j:plain

 

f:id:haruradio:20161017214044j:plain

 

 

今更マイラバが好きなことを確認して、(というか小林武史なんだろうけど)

そうゆう自分の好きなことが分かってくるのも

あの時は心が閉じていたからじゃないかって思ったりします。

 

youtu.be