読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

◯◯が怖い

誰かと出会う時

これはもうずーっと、ずーっと

自分の中の根底にあって

 

でも万人にそれが当てはまるのではなくて

だからこそ、そう思う相手を目の前にしてる時や状況や

その◯◯は一体何か

というのを嫌というほど見てるはずなのに

 

その◯◯は、

怒られるとか

見下されるとか

バカにされるとか

 

ただただそうなることを恐れてるし

そうならないように、どうしたらいいかを自然に考えてます。

 

相手の気分を害さないようにすることに気をつけていたとしても

その相手の気分や怒りの沸点ポイントなんてこちらが測ったり予測して

当たるものでもないのでした。

 

昨日もある状況で恐れていることは起きそうでした。

 

昨日は花豆を採っていました。

しかも一生懸命採ってみようとちょっと頑張ってみました。

雨に濡れてしまう前に出来るだけ沢山。カビてしまう前に出来るだけいっぱい。

あまり何も考えず、ゲーム感覚でワチャワチャ言いながら採ってました。

 

没頭していて、もう一つある自分の仕事は分かっていたものの

そのままにしていました。

 

もう一つの仕事は流動的なので

今日はしなくてもいいかな、なんて勝手に思ってしませんでした。

そのままにしていたことで怒られそうになったのですが。

 

でも私は自分なりの一生懸命をそこに出していたので

あまり怒られることに気を止めませんでした。

私なりに今必要なことをやりきっていました。

私のやったことに胸を張れたら、周りの反応は二の次になりました。

あぁ、そうゆう事なんだなと。

 

結果的に流動的な仕事の方はやらなくてよくなりました。

 

怒られても大丈夫でいられないのは

怒られて当然な自分がいると思っているから

怒られるような悪い自分でダメな自分だって

怒られて当然な自分がいつもいると思ってるから。

 

怒られるも、見下されるも、バカにされるも

 

先にそうゆう風にこんな自分はと

見下して、バカにして

自分が自分に先にしてる事なんです。

 

こんなブサイクな私

こんなできない私

こんなダサい私って

 

そうゆう自分だからしょうがないと思ってます。

そうやって全部先にそうゆう自分を許してないだけです。

怒られて当然で、ブサイクな、出来なくて、ダサい私を

どうしても認めたくないんです。

 

 

相手の感情や反応は自由なもの。

 

それらに影響を受けるなら、

それが自分に関係があると自分が思ってる時です。

 

相手の怒りや悲しみに影響を受けるのは

自分がそこと繋げてるから。

相手の喜びや楽しみに影響を受けないのは

自分がそこと切り離してるから。

 

感情は湧いたその人のものです。

影響を受ける時は相手のそのテリトリーに

自から首を突っ込んでる時です。

自分から余計なものまで拾い集めて被害者になろうとします。

  

自分から他の人の持ってる一番色の濃い瞬間に触覚を伸ばしながら

人と繋がっていきます。影響を受けていきます。

 

相手の感情や顔色や反応に気をつかうことはやめても大丈夫。

相手は相手の世界を全力で生きていて、

自分が恐れてることは起きてるように見えても

相手は同じことを思ってないことの方が多いから。

 

経験が違うから、過去が違うから。

 

自分が発したいものと、相手の求めてるものが一致する時に

お互いに求めてるものが与えられるのかもしれません。

 

みんな自分のしたいをただ満たそうとして、相手に触れては1人で痺れてる。

 

自分のものを大切にしよう。

 

My Little Lover - yes(free flower) - YouTube