幸せのためのエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

秦由佳さんのメルマガ、お金と愛についての話しだったけれど

とても分かりやすかったです。

 

愛とお金をどちらも見出すものという表現をしていました。

愛とお金なんて言うと

対極にあるもののように見てきましたが

見てる人に全ての意味が委ねられていて

だから、自分はそれらに対してどんなイメージを持っているんだろう?

という事が1番重要なんだと思います。

 

愛とお金ってすごいざっくりした楽で便利に使える言い方なんだと

改めて思いました。

自分が本当に欲しいものがあるのに

それを一言で済ませてしまえる手軽さ。

みんなに当てはまってしまう都合の良さ。

だからこそ自分1人の本当に欲しいものさえ気付かない。

多分、楽ではあるんですよね。

 

お金だって自分の時間を売っていた方が楽なんだなと。

 

自分で自分を知る事って厄介だし、見たくないと無意識に避けてる所もあるから

面倒くさいって後回しにしたくなるけど

それしてると、緩やかにどんどん知る機会を逃すんだと思いました。

楽である方に流されやすいけど、それで心は腐っていくし

一歩踏み出すには勇気は入ります。

どちらを取るかは自分次第ですが。

 

私がやってる見出す事なんて

愛とは逆の方をいつも見出してます。

こうしたら怒られるとか、なくなったら不安とか、なんでもっととか

不安なら安心を探すとか、今あることに気が付くとかの方を

本当にやってないし、出来ないとも思ってる。

 

不安から抜け出すことが難しいなら

それもいいし、

でも少しずつあるを探して、安心を探して、優しさを探して

有難さに気付いて

できない自分のままで、出来ることを出来る時に。

 

 

先日帰省した際に、

母親といつもの宗教話でまた喧嘩のようになるのだけれど

こうしていつも私のことを思ってくれてるからこそで

その愛のカタチは

何かのきっかけで離れていける様な簡単な繋がりではないから

特別なんだろうと思います。

だいたい当たり前ではないんですよね、

そんな風にずっと気にかけてくれるなんて。

 

自分のことのように他の人を想える力は凄いこと。

近くにいる人程、自分にとっては特別な人達でした。

 

f:id:haruradio:20160925212101j:plain