読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

f:id:haruradio:20160803213358j:plain

 

f:id:haruradio:20160803213424j:plain

 

今日の川上村は雨でした。

 

 

祈りとか神さまとか書くのは

私が宗教を持っているとかそうゆう事ではなくて

(ちなみに両親は特定の宗教を信仰してますが)

 

ただ何にもない自然の中にいると、

そうゆう目に見えない部分はあるだろうと想像できるというだけなんです。

 

昔の日本の人達が八百万の神と言ったように

恵みに感謝するという事が出来る環境なのだと思います。

便利な事、早い事、物の種類がたくさんあること、時間通りな事…

それも素敵なことですが、

今いる場所では人がコントロール出来ない中で

自然という生き物相手に人が合わせたり

その大きさ故にどうしようもなく見過ごしたり、諦めたり

という世界です。

 

 

親方に今までの経緯を聞くたびに、あぁ凄い人だなと

尊敬しています。

私、恥ずかしながら

そんな風に人を見たのは初めてで。

 

親方に今までの農業の経歴を聞きました。

 

ほうれん草の栽培の前は白菜とレタスの栽培をしていたそうです。

上川村で育てられてる大半はこの野菜。

(レタスのアイスクリームがある程!)

それをほうれん草、しかも有機のほうれん草に変えようと思ったきっかけは

自分で価格を決められない事へのジレンマと

自分の世代で終えようとしてる農家の仕事で長く続けるには

レタスや白菜では負担が大きすぎる

そうした理由があったそうです。

 

 

丹精込めて作ったものも、安い値段に抑えられてしまうという流通事情も

こんな話を聞かなければ興味を持てない事だし、日本の食料自給率もそうでした。

 

 

そして小さな村だからこそ、みんな一緒という雰囲気がある中で

新しい事をやり出す者には寛大ではいられない所もあるようで

人の不幸は蜜の味というのを見せられるような経験も聞かせてくれました。

 

嵐の日にほうれん草のハウスが飛ばされたんじゃないかと

喜ぶように聞いてきた他の農家さんに

人を喜ばせるのが好きだという親方は、飛ばされたと答えたそうです。

 

そう言っとけば相手の望み通り喜ぶだろうからという理由で。

 

そんな嘘のつき方ある⁉︎って聞きながらびっくりしてました。

 

嵐の去った後、内心喜んでいたその農家さんは案の定

ほうれん草の畑を見に来たそうです。

 

「なんだ、飛ばされてねーじゃねーか」

 

f:id:haruradio:20160803213447j:plain

 

この話を聞きながら

もうポジティブとかネガティブとか

そうゆう事で悩む事さえ無意味に思えました。

 

そんなんだから、当時は買い物をする奥さんも大変だっただろうとも言ってましたが

都会の風景に慣れてる者からすれば自然は大きくても

村という単位で見たら行く場所行く場所に顔見知りがいて

誰かが亡くなった話は村内放送で流れていて…

噂が広まる狭さということなのだそうです。

 

 

そして有機のほうれん草をやると決めてから

土壌から化学肥料や消毒が消えて、元の土に戻るまで2〜3年はかかるそうで

その間、ずっと赤字だったとか。

 

でもその甲斐あって、大手スーパーへの流通ではなくても

それを求める人はちゃんといて

お客さんからの美味しいや、待ってましたの手紙に

本当に嬉しいと語る様子には、その嬉しさが痛い程伝わってくるのでした。

 

 

でも今の畑は有機ではないとの事。

 

虫を抑えられず、苦労して作ってきた有機の畑を

1週間悩んだ末に消毒を再開したそうです。

その時の夕陽が綺麗過ぎて…

こんな気持ちじゃなければ良かったけど

こんな時でも夕陽はうんと綺麗で、今でも忘れられないと

今の夕陽を今いるメンバーと一緒に眺めながら、当時の心境を語ってくれました。

 

 

親方の「俺はできるだけ農薬は使いたくないんだ」という言葉は

今でも聞きます。

 

買う側というのは、いつもその側面しか見れないんだというのを

痛感しました。

 

お金でモノや仕事、そして自分、または人までを判断していることに

無意識でいる事。

お金というものが邪魔して見えない事。

良いや悪いで判断するのは本当に簡単なんだという事も

も。

 

お金が悪く見えてしまうけれど、そうではないこと。

 

どんなコトにも、モノにも、最後には感謝ができていれば

豊かなのではないかという事。

 

豊かさという言葉=お金という安易な公式が常にあるけれど

本当にそうなのかなという疑問。

 

お金は繋ぐ役割だと気が付いて、その奥にある気持ちを受け取れるか。

 

豊かさとは一体何を指しているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

私の話をすれば、誰かの想いに気付けたり、感動できたり、感謝したり

そうゆうものが豊かさではないか、というのが

今自分の中に育ってきているみたいです。

 

そして、これは意識したいことですが

気持ちよく心から笑っていられる自分でいようと

初めて思うのでした。

 

そうして笑っていられる自分が

なんだかとってもキラキラしてるように思えるようになったから。

 

前は笑ってる顔が嫌いだから、笑わないようにしてたんですけどね。