fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

八ヶ岳日記

f:id:haruradio:20160801173516j:plain

八ヶ岳のほうれん草畑でアルバイトを始めて1週間程経ったでしょうか。

※ちなみに上の写真は多分レタス畑

 

農業バイトも結構出てる時期とはいえ、やっぱり農業初めてだし、住み込みだし…

なんだかんだ理由を付けては、ちゃんと探す気はしばらく持てず。

求人を見ていたら、レタスや白菜の収穫アルバイト募集は多いものの

重量物扱いの為か女性はあまり歓迎されない、というのは

こちらに来て納得できました。

 

もう、制限時間いっぱい。なんとなくそう思った時にちょっぴり勇気を出して

今お世話になっている農家さんの所に直接電話をしました。

 

 

そしたら、言われる事が結構拍子抜けする事ばかり。

 

体力仕事はあまりいらない事や

そんなに頑張らなくていいからアイドルになって欲しいとか、楽しんで欲しいとか

いい思い出作って欲しいとか

お姉様方(孫持ちの)と上手くやって欲しいとか…

 

一体どんな事になるやら、ソワソワ、ドキドキ。

 

迎えに来てくれた同じアルバイトの人たちは、みんな男性で

1人は前歯がなく、それこそ背中に墨が入っているであろう同世代。

1人はひと回り上の白髪バイク好き。

1人は数時間後にダイソーに行くと言って、どこのダイソーに行ったのかそのまま帰らず…

 

お家に着いたら、道路側には電飾が肩にかかった観音さまが居たり、イカツい置物がちらほら。

f:id:haruradio:20160801153240j:plain

 

お世話になる農家さんと初対面を交わし、社長というより親方の呼び名で定着してるらしく

約束と時間だけは守るようにというのは

ビシッと言われました。でもあとは何をやってもいいと。

これは親方のポリシーのようです。

 

今年は私が来る前までに既に10人は辞めてるし、なんだか騒ぎを起こして警察沙汰もあったとか、アル中のフィリピン人が居るとか…

 

始まる前から、なんだかとっても不安…

 

でも、これは個人的に感じてた事だけど

神様がね、怒ってる気がしたんです。

もうここでやりなさい、短いけどちゃんと続けなさいよって、言われてるような気がしてました。

 

 

実際こうして書ける時間もあまりないのですが今日は少し早く仕事が終わったので

今まで見聞きした事を書き留めたくて。

 

 

 

朝は4時45分に家を出てみんなで畑へ行きます。

この辺では遅いので親方も恥ずかしいと言っていましたが

実際レタスや白菜の農家さんは

夜明け前の暗がりをライト下で仕事をしているようです。

 

一緒に仕事をしてるメンバーにも少しずつ慣れて

酒臭いと噂のフィリピン人のJim&Jeroは

空のウイスキーの瓶を50本以上残してホームシックで帰って行きました。

 

でも私が彼らと一緒に仕事をしている間は、とてもそんな様子はなかったですけどね。

 

Jeroは私によくウインクをしながら

「keep on smiling」と言っていたのは昨日までの話。

次はベトナムから2名研修生が来るそうです。

 

 

ここ上川村は600名ほどのアジア人研修生を毎年この時期に受け入れてるそうです。

研修とは名ばかりだそうで、この時期の大事な働き手として

彼らは大きな役割を担っているとか。

 

親方曰く、この時期に一気に働く為か、農家さんは目も釣り上がると言っていました。

その仕事もキツく朝も早い為、やっぱり人が足りなくなるそうです。

八ヶ岳の野菜のシェアがどの位なのかはよく分かってはいませんが

私たちの食べてるものがこうした人たちの手を通して届けられているというのは

ここへ来なければ分からなかった事でした。

山間ののどかな田舎の村に、中国人やフィリピン人と思しき姿をちょいちょい帰りに車の中から見かけますが

ちょっと妙な感じはします。

 

 

それとみんな本当によくタバコを吸います。

私は吸わないので

この環境は結構きついなと思っていたものの

風通しの良い小屋なので、もうその辺りはお姉様方と一緒に我慢できるようになりました。

 

ほうれん草を刈ってる時も、選別して袋入れする時も30分に1度は休憩としてるんじゃないでしょうか。

もちろんタバコ休憩です。

どちらの仕事も、ただ黙々と作業をこなすのですが

5分とない休憩を挟むと、こんなにも楽な(特に心が)感じなんだというのは

たくさんの仕事をしてきましたが、はじめての感覚です。

 

こんな仕事の仕方すんのは俺んとこだけだと言って 

こん詰めて仕事する事はないんだ、という言葉や野菜の話やUFOの話まで

全てリアルに肌で感じながら

とてもとても貴重な経験をさせてもらっているなと

感謝が湧いてきます。

 

f:id:haruradio:20160801125411j:plain

  

ね、空もとても綺麗です。

 

 

八ヶ岳がやっと見えました。

f:id:haruradio:20160801173505j:plain

 

 

 

まぁ、心配事が全くないわけではなくて

私を含め短期でこんな環境に来る人達は

ちょっぴり何かを抱えてたりするんじゃないでしょうか⁈

なんて思うのは私ごとなんです。

 

自分が見てる世界が一つだけだとしたら

私は何を選択するんだろう?

他の人も同じように見ているというイマジネーションを

どこまで外せるかが今回の鍵のような気がします。

誰かから見て◯◯。

欲しいもの

例えばお金もパートナーも

結局そうゆうレッテルに使ってるというのを薄々感じながら

人の中には入っていけない自分や、信頼のなさや警戒心を外側の人に見せてもらっています。

 

 

 

常に人は「幸せである」という前提で祈りたい。

そんな気分がして

でも祈りたくなるとすれば、今苦しみの中にある人の為、つまりは過去の自分へ

だったりします。

 

 

 

余計な事を何もしてない、何もないけど、凄いある。

上手く言葉には出来ませんが

頭を使わず、身体は土に触れ

1日は静かに坦々と過ぎていく。

 

こんなにも自分の中が静かでいられる事に感謝しながら

これから起こる事も、今の私の持ち物も丸ごと好きでいられますように。

 

 

8/9はUAのライブが八ヶ岳であります。

はたして、私は辿りつけて、無事戻ってこれるのでしょうか⁈

 

 

緩やかに続く…