幸せのためのエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

どうしても過去に寄った日記に偏りがちで、するとどうもべったり染み付いた自分の癖のようなものに引きづられる感があります。

 

自分の選択が揺らぐ事は今まであまりありませんでしたが

それはその時の「今」を抜け出したいからだったと思います。

だからしたい事をしてる時(それがネガティブに見えるものでも)は、揺らぐ余地はあまりないのではないかと思いました。

 

過去を振り返ると、

今の選択が今までの延長でその繰り返しに過ぎないと思えて

萎えてしまう自分がいます。

 

そう思うのは、誰かの判断や他人の目が

自分の中にあるからだと思います。

 

自分の選択を受け入れられないのは自分だって事です。

 

でも仕方ないですよね。

 

嫌いな人を好きになるのが難しいように

自分の今を受け入れられないのなら

無理にそうする必要もないと思いました。

 

自分の中が安定しないから、それで起こす行動がある事。

もうそれに頼ってもいいんじゃないでしょうか。

 

やらなければ納得もできないし、これから先の事も分かりません。

そうやってどんどん分からないで、モヤモヤして行動して

 

私はそうゆう生き方で一生を終わるのかもしれません。

 

悲しんでいるのが自分自身だったとしても、

なんとなく今はそれでいい気がしています。

 

そうゆう生を既に送っている人も、どこかにいるかもしれません。

 

今発信は、目まぐるしく

生き生きとした個性もあれば、その真逆にある抑鬱や残虐さも目にします。

 

自分が生きやすい場所を目指せばいいですね。

 

出来ないことを、嘆かないでいい。

 

今はただ、哀という色で塗りつぶしたくなるというだけで

その内、もっと別の色を使うこともあるかもしれません。

 

でも愛なんて名前の色は、どこにもないんでしょうね。

あれは色の名前ではないでしょうから。

 

 f:id:haruradio:20160727151945j:plain