fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

田舎の風景

長野県 東御市の風景。

 

鳥帽子岳の麓から大屋駅まで。

初めての場所。それなりの距離。

普通なら車で行く道のりを徒歩で下ろうとするとやっぱり驚かれる。

ここの人達はいつも優しい。最近、私の周りは驚くほど優しい。

送ってくれるっていうその優しさを受け取らず、今まで通りの私、変わらぬ私で。

 

何となく、確かめたかったのかも。

 

私の肩にはもう三脚がない。バックの中のカメラも。でもやり方は同じ。

何か落ちてないかと探しに行くこの感じ。

 

いつもより不安なのがその証拠。何にも持たずにそうする事がどんな感じなのか。

迷ったら時間だってすごいロスする。

でも大丈夫ってどこかで思ってたけど、スイッチが入らないままで歩いたのは確かで。

 

最近写真を撮らなくなってから、すごく自然から切り離された感覚がある。

東京から長野の自然しかない様な所に来たはずなのに

撮らなくなったら、東京で撮ってた時よりなんだか遠く感じるほど。

 

f:id:haruradio:20160602200028j:plain

 

 

f:id:haruradio:20160602200102j:plain

 

何にもない田んぼと畑の中で、すれ違うの車に緊張する。

どんどん人の匂いのする方へ。

あの人の背中や、犬の声。

 

理由がないとやっぱりどこか虚しい。

 

 

 

f:id:haruradio:20160602200319j:plain

 

 

f:id:haruradio:20160602200340j:plain

 

f:id:haruradio:20160602200403j:plain

 

 

f:id:haruradio:20160602200729j:plain

千曲川側の任王尊。

 

 

f:id:haruradio:20160602200757j:plain

大屋駅前。

 

 

初めて見た彩雲の下で、夢の話をした。

自分の好きをノートにコラージュしてく。

凄いシンプルなのにね。

好きなものはちゃんとそこにあったし、私の周りにいる怖いことは少なくなったはずなのに

不安で仕方がない。

 

環境が、状況が、人が…

意地悪でも優しくても

どちらでも私の中は同じ様に苦しいと分かると

ますます原因は自分にしかないと思えた。

 

好きなことに触れるほど辛くなる。

だから全く関係のない様な所へ行きたくなる。楽な方へ。

 

私はいつも私が嫌いだというのを、好きなものに触れるほど見せられる。

だから好きなことが上手くいかない。

だから夢の話も毛嫌いしてる。

好きな事をやってる最中、萎えてる自分がいる。

 

でも楽な方は緩やかに自分の心が死ぬ。

 

今毎日死にそうなんだけど(苦笑)

 

f:id:haruradio:20160602200838j:plain