幸せのためのエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

体が全然柔らかくならない。

バレエを初めてもうすぐ一年になるのだけど

一向に体が柔らかくならない。

 

もともと柔らかい方ではないという自覚はあって

やってる当人が認めてないだけというのもあるかもしれないが

なんだか実感が掴めないというのが正直な感想で。


ストレッチの回数が少ないとも思うけど

最近は少し痛いくらいだったりしていて

そこをさらに攻めないとやっぱり柔らかくはならないかとも思うのだけど。

 

そこで、どうしてかなと少し客観的な見解が欲しくなって

本屋でバレエ本などを探すも見つけられず

でもバレエ本でなく、ストレッチ本が目に止まってパラパラ立ち読み。

家に帰って動画の検索。

実際にやってみるけど、これが動画のようにはできない。

硬すぎて、そんな風に動かないよ…とショックを受けるのだけど。

 

実は、本屋で立ち読みした際にちょっと気になったことがあって

普段自分が自分に課してる方法を振り返ってみたら

硬い場所をストイックに攻める、みたいなやり方をいつもしてることで

その本にはあまり同じ場所を長い時間伸ばしても効果がないって書かれていた。

 

バレエを始めようと決めてから、いきなりストレッチを始めて

内股が肉離れを起こしてしまう事態を思い出して

でもグイグイ痛いの我慢したら、その先に柔らかさが待ってるよ

みたいなイメージでやってる自分がいる。

 

これって身体のことだけじゃなくて、

頑張ったその先に待ってるものを期待する思考っていうのか。

全然今が楽しくない、いつものアレみたいな。

 

体が気持ちよさを感じられる所まで伸ばして、呼吸はゆっくり止めずにやる。

硬いところだけ集中せずに、伸ばす部位はどんどん変えていく。

(でも硬いところは回数多めで)

ストレッチの時間を自分のリラックスできる時間にする。

(ストレッチの時間を楽しむ)

 

しばらくこれで180度開脚を目指そうと思う。

 

いやー、でもこれできるかなぁ。

小さい頃にできなかったやつですからね。

だから出来たら相当ビックリだけど。