fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

今聴いてる曲 

 

音楽は心の状態をほんとによく反映してくれる。

 

ちなみにMichael Jacksonは天使だと思う。

あの人の曲がすごく好きだという訳ではないけど、

コトが一段落しようとする時にかけてることが多い気がする。

 

 

 

この前まで大分落ち込みが激しくて

それが生きられないほど絶望的で大袈裟なものだったり、切羽詰まったりするのも

結局全部私一人の演出によるものなんだっていうのは、そこを出た後に言えることなんだけど。

 

なぜ落ち込んでいくのかを沈んだ底からぬぅっと顔出せた

こうゆう落ち着いた時間に考えたりしてブログを書くのだけど

 f:id:haruradio:20160427213839j:plain

 

今回の事でいえば、状況に今後の不安を重ねたり、自分の選択が間違いだったと考える事や、

家に帰ってから何のやる気も湧かず、洗濯もお風呂も面倒になってく自分の状態に耐えられなくなっていったからで。

「今のまま(私)ではいけない」

という思いが生き辛さに繋がるようで

そうゆうものが出続けて、耐えられなくなったら

選択を変えたり行動に移したりしてきてる。

 

行動に移せる程、中で感じてるものが大きいというのは言えるけど

このパターン化されてる反応や生き方でどうも上手く回ってないというのを実感する。

 

例えば、レストランで食べたいものをオーダーして、それが目の前に出されたのに

少し食べて、もしくは食べもせずに

「あ、これじゃなかった。やっぱり違うの下さい。」

みたいなことを私はずっと繰り返してる。

 

自分がした選択に責任を持ってない。

 

続ける事がいい事で、それができない自分を責めるというのはずっとあって

ただ、責める事と自分が望んで選んで変えたりする事は別の話で

 

そんなに責めなくていいかもしれないけど

じゃあ、自分で望んだそれはなかった事にしていいの?っていうのを最近ふと考えたりする。

多分フォーカスしてる場所が少しずれ始めてる。

 

私は行動に起こす瞬発力と持続させる持久力のバランスがとても悪い。

パツっと切れる→流れないで滞る→勢いよく一気に流す(突然行動する)

 

こうゆうのを散々やっていて、それが結構短いスパンだったりするから

若さがあればこれでいいのだけど

やっぱり大変だし、もう勢いだけでどうにかできるエネルギーもなかったりする。

 

 

転職をしてから、いろんな事が重なって

お金が本当になかった。

というか、いつもないとは言ってるのだけど

今回は相手に支払わなければいけないお金があったりして

自分が我慢すればいい話ではなかったからだった。

 

お金がないと思ってる現実が、「このままの私ではいけない」思いをますます強化した。

自分だけなら多分ここまでにならなかったかなと思う。

お金って信用や約束のことだから、今回それがこのままではいけない私に拍車をかけた。

 

お金がないことで

信用を失うかもしれない不安、信じられる私がどこにもいない

本当の気持ちと嘘、もしかして約束を破ろうとしてる自分

 

そうゆうものに囲まれて家で布団も敷かずに夜が明けてく毎日だった。

 

 

そこから出てきたきっかけってなんだったかなと思った時に、

変えたばかりの現実をまた変えたい気持ちとは裏腹に、自分自身の思いに正直疲れたというのがあって

私はどこまで自分を振り回すかなっていう一言とか

もう自分が選んだものは最後まで食べるしかないか、という諦めに近いものが救ってくれた気がする。

 

諦めとは書いたけど、今回望んだもの(転職)が

なぜ感謝しないんだと怒られてもおかしくないくらいに

自分にあってたり、能力的に無理なく活かせるからだけど。

 

それと、

あなたと私の間に僅かでも心を通わせた瞬間があったなら

それを壊すということがどうゆうことなのか。

人の気持ちを大切にするってどうゆうことなのか。

お金を無駄にしないって何を無駄にしないことなのか。

 

家に帰ってから無気力で元気もなくて、喪失状態でっていうその状態を嫌っていた。

お金がないことで失っていた心は自分に対する信頼だったのかも。

それに気付かずにただ何もできない現状だけ見て、短略的に何かしなければという思いが、何もできないを自分を責めていた。

 

何もできないんじゃなくて、ただお仕事して、ただお家に帰って、ただぼうっと過ごして、面倒なら料理はせず、お風呂に浸かって、寝て、また朝が来て…。

 

帰る家があること、お米もあって、病気もなく、家に帰ればお風呂は温泉、お金はなくても会ってくれる人がいて、奇跡的に習い事も続けられていて…

 

こうゆう普通の毎日を送れるその事に本当は何の問題もなく、

むしろ有難い事に気付けなかった。

 

 

強烈な落ち込みがあると、今までの自分の選択や考え方、こうでなければいけないと思ってることにヒビが入ってきたりする。

 

自分がした選択に責任を持っていないことが分かったら、

逆に自分の選択に責任を持つ

つまりは自分の生に責任を持つってどうゆうこと?って思う訳で。

自分とどんなふうに関わるか、そしてそんな自分がどんなふうに他者と関わるか

みたいなことかなって。

 

 

 

真面目な日本人は右に習えだから、その真面目さゆえに気が付かないことが多いと思うんだけど

生き方って決まってなくて、とても自由に選べるもの。

 

でも真面目だから言われてきたことを、決まりを、そうやって守ろうとするものが多すぎて。

 

集団の意識にどっぷり浸かる所から少しずつ離れて、個の意識を濃く意識していけたら

全体がどんなものかはっきり見えるんじゃないかなんて思うのは絵空事かな。

 

f:id:haruradio:20160427191405j:plain