読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

今の自分を悲観的に捉えて抜けられなくなると、自分の中に駄目な理由を探して、そこが悪い、アレのせいだと言って悪い事で決着をつけてるみたいだと思った。

 

全ての悪者を買って出てるみたいな。

 

 

ここに書き込んでることは私の主観の世界でしかなくて

今日もまた、そうゆう自分の殻⁈に篭る時間を楽しんでたりするのだけど

こうしてる内にも雪が止む期待はどんどん裏切られて

止まってる車のボンネットがうっすら白くなってきてしまってる。

 

こんな時間を過ごすなら、もっと他に生産性のある事をした方が良さそうって話をこの前してもらいながら

他の誰かに触れると

へぇ、そんな考えもあるんだぁみたいな新鮮さと驚きが面白かった。

 

一つ前の日記に過食嘔吐に関しての事をツラツラと書いたのだけど

つまり私は、こんな風に自己分析ばかりをするのに結構な時間を費やしてる。

 

それでいて例えばだけどやめたい事の行動はなかなか起こせずにいる。

 

どうしたい?の質問の答えが、必ずしも〜したいという答え方でなくても

〜したくないという答え方でもいい。

 

自己分析はするけど

例えばそのしたくない事のためにどうしたらいいかは何も考えてなかったりする。

 

やる事も行動なら、やらない事も行動なんだよと教えてもらって

 

こうして言葉とにらめっこして、言い訳を考えてるようなジッとしてる時間もあれば

行動しながら考える事もできるよと、教えてもらった。

 

先に行動すればいいって言われて

理由なんて本当はどうでもいいって言われた時は、正直泣きそうだった。

 

で、今日もまたいっぱいパンを食べてこの前と同じような過ごし方をしている。

でも結局はこうして過ごす長い夜の時間が好きみたいだった。

外の雪は加速度的に増して、これからまた自転車で帰るんだけどなって、本当は空に一言言いたかったりするんだけど。

 

自分であれこれ導き出した答えも、感情次第なんだと思った。

やってる事はこの前も今日も全く同じなのに

この前は自分を責めて、今日はとても穏やかで

感情が全然違うからなんだろうけど。

 

だから理由なんて、本当はどうでもいいのかもしれないよね、確かにそうかもしれない。

気分次第でいくらでも都合よく変わってしまうのだから。

 

でも泣きそうになったんだよね。

 

それと「甘えてる」とか「言い訳」って所にも反応してた。

責められてるって思ってた。

 

残したいものって一体なんだろうって思う。

 

最近どんどん離れていく。

結果とか成果とかそうゆうものから。

 

例えば、誰かと話せる時間があったら

話してる最中に、その相手にちゃんと心を開いて話せてるかが重要だったりして

話してる最中に、その相手の前で自分がどれだけ素直でいられるかだったりして

 

自分の問題だと思ってる事も本当はどうでもいいのかもしれなくて

 

その相手の前で、ちゃんと痛いこと感じながらその痛みを隠そうとしない自分でいられたら

なんかそれでいい気がした。

 

 

雪は…やんだかな。