fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

旧作DVD

心がどこか空虚で、やる気もなくて、こんなんじゃいけないってどこかで思ってて、そんな心の穴はモノでは埋まらないと分かっていても、それを確かめたくなるように、沢山のモノを消費したくなる衝動がやってくる。

例えば食べ物とか、買い物とか、運動とか…自分にYESって言えない時ほどじっとしてはいられないんだって。何もする気が起きないって無気力なクセして、色々煩いこと自分で自分に言ってるんだって。

今の自分はダメだとか、罪悪感とか、良くないものでいっぱいになって

そうやってあえて自分にダメ出しして傷つけて

生きてる事を確かめてるんじゃないかと初めて思ったよ。

 

なんとなくDVDでも観ようってなるのだって堪えられないから。でもそれが私を助けた。

 

「ブリジットジョーンズの日記」と「ペネロピ」

 

誰かにどう見られるとか、それをすごく怖がってる自分が確かにいるって事。

今までそれをちゃんと自覚してなかったかもってこれ見て思った。

他人の軽蔑や呆れが怖くて仕方ないんだって思った。と同時に自分にその軽蔑と呆れがあること。それを許せないこと、苛立ちがあることも。

 

風邪ひいて、体を壊してどんどん身の回りが澱んでいく。何にもしたくなくなって気持ちも塞ぎ込んで、やる気も起きなくて、だらしなくなって、不潔で、

働かないと収入がとか、何もしない日々は何もしたくない日々になって

自分に対するそうゆうのがどんどん溜まっていく。

お金の不安を優先させて無理しても、体が治るわけじゃない。休む時に心から全然休めない。

と、そんなんで自分の具合が悪い時に、色んなことが許せなくなって

自分がどんどん駄目に見えた。

どこまでも下がっていった時、それでもいいって言えないラインが出てくる。

どこまでも下がって、いつまでも下がって

どこかでこの辺までってラインを決めてるんだって思った。

どこまでも落ちて、自分でも許せないところまで落ちて、それでもいいって言える項目を増やしてるような期間だった。

 

まずは今の自分に◯を付ける所から。

どんな自分にもだよ。しかも今のこの自分にだよ。