幸せのためのエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

時間があって、気力もやる気もあって、何が欲しくて、これがやりたくて、あれがやりたくて…。

例えばお金があっても、自分の◯◯したい気持ちがなければ意味がないんだなぁと、ふと思う。

お金があればなんて言っても、蛻の殻みたいになってたら何も生まれないんだなって。

 

やりたい気持ちに勝るものなんて何もないんだろうなと思った。

 

理由なんて別にいらなくて、ただアレしたい、コレしたいって思えてるだけでも

まだ生きていられる気がして

そうゆう根源的なものが失われる方が少し怖い気がして

何もやる気が起きなくなることもあるだろうし、無気力にもなるだろうし、だから何もしなくなって

でもそうゆう体験もあるって知ることも悪くない気がした。

 

何もやる気もする気も起きずに、ただただ時間だけが過ぎていくようなそんな日だから、

無目的で居られる空白の時間さえここにはあったんだって言える。

 

だからそうゆう今日の憂鬱を、何も生み出さない時間を、ただ時間だけが過ぎていくのを許してみてもいいんじゃないかって思うけど

 

そうゆうことがなかなかできないのも事実だったりする。

 

なんとなく、ただで歩いて

帰る場所があって、夜また眠りについて

そうゆうただ何も残さないで終わっていく、何も誰も影響も与えずに、そこにいるんだかいないんだかも分からないで終わるような日々も大切にしていけるなら

幸せはそんなに遠くにあるものでもないと思ったりする。

 

自分の底辺みたいなものが何なのかちゃんと見えていたい。

本当は怖くて仕方ないから目をそらして、そうならないようにしようとするのだけど

見慣れた未来はいつも過去の恐怖の繰り返しで出来ていたりする。どこかでまたああなるかもしれないと恐れてる。そんな未来のこと。自分はその前でいつも何もしないのだ。

怖れるって本当に何もしないんだな、と。

 

だから少しくらい、ただ怯えるだけで終わりになってしまうような未来の自分ではないものに

なってもいい気がする。

 

 

f:id:haruradio:20160128211920j:plain