fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

喜びについて

私は自分の辛さや苦しみを越えたら幸せや強さや喜びがやって来ると思っていた。だから、自分の感じていたしんどい部分ばかりに注目していた。その部分をどうにかすれば全てが解決すると思っていたから。見張るようにそこばかり見ていた。そしたら結局それだけの世界になってしまった。
だから、喜びの感覚に疎くなってしまった。そもそも喜びって何?と聞きたくなる程に忘れてしまっていた。

昨日、踊ってたり歌ってたり演奏したりする人の姿や音やその場の空気を感じた時に思った。
みんな自分の情熱を外に出しきってた。喜びってそうゆうことかと思った。
何かを越えた先にあるものだと思うならそうゆうものなんだろうけど、それだとずっと追いかけてなきゃいけない。楽しみも喜びもいつまでも遠くのもの。
楽しみや喜びを欲しがってたのに、探そうとさえしてなかった。
幸せはなるものじゃなくて、感じようとするかしないかだけのような気がする。
人は同じ材料で幸せと不幸せのどちらも作り出せる。