読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

お金がない日々を過ごす今。そんな中で嬉しいことに声をかけてもらっては遊びに出ている。
お花見始め、春はそうゆう季節らしい。
実際のところ嬉しい反面、約束があることが怖かったりもしていた。だって私、出せるものが何もないのだから、と思っていて
お金がないことに右往左往している感じでいた。約束してるにも関わらずお金を用意できない、しない。もしかしたらウザがられるかもとか。色んな不安が出てきたけど、結局そのままで会いに行くことにした。
子供の頃は遊ぶのにお金なんていらなかったのに、大人の遊びはお金が必要になってくる。
大人の遊びは誰かのサービスに依存してる。でもそのお陰で誰かの素敵な仕事に触れられる。そしてただ会えて話しをするだけで色んな事がまとまっていく。
今月は沢山おしゃべりをした。自分が気付いたことを言葉にして伝えようとしていた。結果的にそれは自分の為のようにも思えた。

お金の有無で遊びの質が落ちるのか?
それは子供の方が上手かもしれない。子供は遊びの天才だから。お金なんてなくてもめいいっぱい楽しんでる。でも大人はみんな子供だった。だからみんなほんとは自分で作り出すことができる思う。
そしてお金の有無は関係ないと教えてくれるのは今でも私と一緒にいてくれる人達で、その優しさが私のままでいいことを許してくれてるようにさえ感じた。