幸せのためのエッセイ集

幸せは見つけるもの✴︎感じるもの✴︎選ぶもの✴︎決めるもの✴︎喜びを生きる為に経験をoutput

イライラするその怒りは...

母とのやりとりでイラッとした。
やって来た苛立ちを素直に感じていた。
苛々するのを悪くも思わず、抑えず
性格悪そうに「はぁ?!」っとしていた。
(と言っても心の中でのことだけど)
あえて気持ちよくなるくらいに思いっきり
「はぁ?!」とやってたらそのイライラが
何かの原動力のように
今抱えているナヨナヨを絶ち切った感があった。

私は母(家族)に対して
自分の苛立つのを抑えない。
わがままを許すというか
家族の前では悪い性格でOKなんだと思う。

それは嫌われても構わないと思う相手で
信頼をおけるありがたい存在なのだと思う。

内弁慶ってやつは
他の人や外側に対しては些細なことでも
大丈夫だったか
嫌われるような言動行動ではなかったかを
細心の注意で見張っている。

そんな風にして事が起こらないように
波風が立たないように、当たらないように
控えめに目立たずにやってきた。

選択の基準も、考えてる事も、行動できるできないも

恐怖に出会わない為にどうするかを
優先に決めてきてる。
そこに全てが集約されている。

今までの私の原動力は恐れなんだ。


人の意識レベルを数値化したものを
以前見たのを思い出して

その時に恥という意識が一番死に近い
というのを知った。
http://ta2ansunrise.web.fc2.com/ishiki_level.html

当時の私が分かってることと言えば
死にたいってことだけで
自分の存在を実は恥じていると知るまでに
時間がかかった。

恥という意識を隠しておきたかったから
分からないとひたすら言い続けてた気もするけど

思い出したくもない過去を持っていたとして
隠したくなるのも仕方ないけど

その代償として苦しんでいたんだとも言える訳で。


この表を見てると
ほんとにその通りだなと
妙に納得できてしまうのは
自分が何一つすっ飛ばしてきてない感じで
経験してきていて

今回のちょっとしたイライラにさえ
パワーがあるのだと思った。

苛立ちや怒りを原動力にすることは
明らかに以前の恐れの原動力と方向が違う。
自分で何かするという自発的要素がそこにはあるから。
どうしようかと自分で考える。

恐れを原動力にしてると
回避する方法を考えてる事がほとんどで
希望を持ってるとすれば棚ぼたかおこぼれという
いかに自分が関わらないかに向いてたりする。

こんな風に自分で色々書いても
だから何?って声がどこかで鳴ってる。

新しい仕事をしながらも
ずっと引きこもっていたい感じが
どことなく抜けなくて外に出るのが億劫。
でも、つまらないと思ってる。
f:id:haruradio:20150128171023j:plain

ぽかんと何にもしない事も
お腹いっぱいに感謝出来る事も
それを幸せな感覚として持てるようになったんだよ。
f:id:haruradio:20150128173524j:plain
前はそれ事態に恐怖がくっついていたのに
つまらないってなんだよ?!
我ながらつまらないって言葉が出てきてビックリする。


今日は酒粕に味噌とマヨネーズ胡椒して
まぜまぜしたものを
干し柿にはさんで焼きました。

これはパンにぬって焼いたら旨そうです。