読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

昨日食べた量は今までで一番少ないかもしれない。

生理のせいもあって体がいつもと違う時の空腹体験。
今朝は気持ち悪さがあったけど
食べようと決めていた。

f:id:haruradio:20150121171815j:plain
お餅を溶かして重湯にしたのと林檎。
昼過ぎにも同じものを食べた。
みりんを入れて少し味を付けた。
ちょっとみりん使いすぎ。


体がふわふわする。体温が高い。
いつの間にか自分が女性として
こうゆう時期を経験出来るのは
特別だと思えるようになっている。

以前なら昨日も書いたような精神面や感覚の違いに
戸惑ったり疑ったりで
その日が来るのが怖いとさえ思っていた。
面倒だとか汚ないとか厄介でしかなかったのに。

でも自分の中の変化の手助けの1つに
布ナプキンに変えたというのも入ってる気がする。

あれって面倒くさがってたら続けられない。
汚ないって思ってても続かない。
自分から出てくるものを自分の手で洗ったりするうち
大切にしていけるようになるのかもしれない。

例えば体を洗う時でも
自分で自分のこと汚ないって扱ってる感覚でいるより
赤ちゃんを洗うようなイメージで洗うのとでは
お風呂で過ごす意味も変わってくる。
実際に自分が自分に触れる時間だからこそ
意識的に労れるイメージをもてると
自分が見てるセルフイメージに影響してくると思う。

とは言いつつも案外本気で出来ないものだって
薄々気付いてた。
自分の姿見てそのままでいいなんて
到底受け入れられない時期を過ごしてきてるのだから。

自分の体を手で洗うようになって
1年は経ったと思うけど、今日体を洗いながら
母が私を洗ってくれたのをふと思い出した。
それは私ではなく弟を洗っていた記憶かもしれないけど。

普通なら忘れてしまうような遠い記憶まで
ちゃんと蘇ってくるものらしい。

自分はちゃんと愛されてたんだと。