読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fantasiaの為の研究ブログ

主に心のこと、頭のこと、意識と無意識、精神的なこと…スムーズに生きる為に経験をoutput

『活動のデザイン展』の感想といろいろ

私という貴重な存在は常に
唯一無二のあなたに影響を与え続ける

それぞれが幸せでも残酷でも
全くすべてがそのままで
パズルのピースのようにうまく嵌まる

その生もそして死も包括されている

私たちは大丈夫だ

産み出す美は死や醜さを糧にする

あなたの可能性は
私の悪からかもしれない

私の哀しみは
あなたの創造かもしれない



展覧会からそんな印象を受けた。

これからのライフスタイルは
自らが作り出していく。

生きることをデザインする。
衣食住のスタイルそのものをデザインする。

誰かにどう見られるかの重要性や印象を
優先させない生き方は
今までの教科書通りの生き方以外に
可能性があるということ。

f:id:haruradio:20150114133646j:plain
http://www.2121designsight.jp/m/program/fab_mind/



全然関係ないけど、
私は自分が文章を書くとき
感情に焦点が当たる書き方をしてきてる。
情緒的といえばいいのか、絵空事といえばいいのか。
ただ、今まではそうゆう表現をしたかったのだと思う。

文章の書き方から
日常でも、同じ事をしてる気がした。
感情を表にこそ出さないけれど
多分、感情ばかり気にしてる。
悲しいのか、怒ってるのか、怖いのか
どんな感情で居るか
その感情の景色を事細かに描こうとする。

ブログをはてなに変えたのは
そうゆう表現の仕方を変えたいと思ってるから
のような気がする。

出来事に対してニュートラルでいたいと

これを書きながら
今ふと、思ったこと。